« 結局買うのか!? | トップページ | 木之本地蔵院はカエルでいっぱい »

2017.03.21

つるやパンはどこまで成長するのであろうか?

 滋賀に向けて高速を転がす我が家一家。幸い、道は空いている。快調である。近年発生している一宮ICあたりの渋滞もない。

 まず、向かった先は、長浜市木之本の「つるやパン」。

 あたしとしては、もう、おなじみの店である。名物の沢庵のマヨネーズ和えを具にしたサラダパンは、もう、滋賀県各所のスーパーなどでも購入できるのであるが、ここはやっぱり本店に。ところが。

 さすが、木之本。宿場町だけあって、観光客がわんさかいる。そして、つるやパンも客であふれかえっている。いつもなら店の前に車を停めてちょちょいと買うのであるが、今日はサイクリングの自転車でいっぱい。サイクリストもいっぱい。幸い、ちょっと離れた「きのもと交流館」に無料駐車場があったので、そこに停めさせていただく。こういう駐車場は、車で来た人間には本当にありがたい。

 で、店内だが、名物のサラダパンやスマイルサンドはふんだんにあったのだが、丸いパンのサンドとか、各種菓子パン、総菜パンは、一団が買い占めて行ったのか、あまり残っていなかったそうである。丸いパンの店が本店とは別にできたという話を奥さんが聞いてきたが、これからの道中も考えて、傷みそうなサンドや総菜パンは今回は回避した。あとで、ウェブページを見てみると、どうやら、その店は木ノ本駅ではなく、長浜駅の近くにあるみたいで。ぜんぜん遠いじゃん。

 ということで、サラダパンを購入する。

P1000388

 あたしら以外にも、サラダパンをいっぱい袋に入れた観光客がそこここに。

|

« 結局買うのか!? | トップページ | 木之本地蔵院はカエルでいっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 結局買うのか!? | トップページ | 木之本地蔵院はカエルでいっぱい »