« ピエリ守山廃墟探検ツアー | トップページ

2017.03.21

むっちゃさわれた動物園!

 てって、まともに廃墟を見に行ったわけではない。今日の本題はこのピエリ守山にある「むっちゃさわれる動物園」に来たのだ。この動物園は、ショッピングモールであるピエリ守山のテナントのひとつなのである!

Dsc03190

 ネットで見ると、本当にいっぱいさわれるらしい。どうぶつを触ることに生きがいを感じているあたしとしては、ぜったいに視察せねばならない存在であった。で、家族総動員してやってきたわけである。 入場料高校生以上1000円、子供600円。 この価格がぼったくりなのかそうでないのか。店の外から見る分には結構というか、相当流行っている。3連休を差っ引いてもかなりのにぎわいである。家族4人、3200円を払って入場。

 どうぶつ、いぱーい。

 鳥類で言うと、

 ワライカワセミさん
Dsc03199

 ふくろうさん(種名確認忘れた)多数。
Dsc03203

 インコ系もいっぱい。
Dsc03240

 最近赤丸急上昇中のハシビロコウさんもいる。
Dsc03219

 ニワトリなんか、足元を走り回っていて踏みそうになるし、ニワトリのヒナは人気者。

 危険だったり、触られ慣れていないものは、おりに入っていて触れないようになっているし、触られ慣れている奴は、触られたくないときは威嚇してくるので、コントロールができているようである。

 爬虫類ではイグアナさんは客の腕によじ登ってくるくらい慣れているし、カメ類もいっぱい、ヘビもさわれる。確認してないが、おりから係員が出してくれれば、ニシキヘビも触れそう。(もっとも、客が多すぎて、そんな余裕はなかったろうが)

 上の方ではヘビが放し飼いになってるし。
Dsc03259

 哺乳類は、ネコの部屋、イヌのコーナーなんかは入場人数を制限して触らせてくれるし、

 ヤマネコとか
Dsc03204

 ライオンとか
Dsc03213

 今大人気のサーバルキャットとか
Dsc03231

 は、さすがに触らせてはもらえないけど、むちゃくちゃ近くから見ることができるし、

 ミーアキャットなんか、頭掻いてくれと寄ってくるし
Dsc03244

 ウサギ、ハムスターもいっぱい。

 スペース的にはそんなに広くはないだろう。しかし、これだけ「さわれる」というのを前面に出した動物園は初めてであり、値段的にも十分モトを取れる(動物好きに限る)動物園であった。こういう不特定多数、しかも、動物に触りなれていない人間に自由に触らせるということは動物にかなりのストレスを与えることは違いないので、議論の余地はあるのだが、動物と距離がありすぎる現状を考えると、こういう形態の動物園もアリじゃないかなと思う。もちろん、動物たちのストレスとかは十分配慮されるべきではあるが、触った子供たちには、いや、大人たちもいろんなことを感じてくれると思う。

 次回は、もっと客の少ない平日に覗いてみたいと思っている。


|

« ピエリ守山廃墟探検ツアー | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピエリ守山廃墟探検ツアー | トップページ