« シャチハタXスタンパーの分解 その1 | トップページ | 機能を使いこなせない放送局 »

2016.12.27

シャチハタXスタンパーの分解 その2

前の記事はこちら。

 結論から言う。インク投入口の外側に爪があり、これがストッパーになっていたのだ。
P1000329

P1000328


 精密ドライバーを2本用意し、インク投入口についているツメを両方押し込みながらゆっくりスライドさせると外れた。先の細いピンセットを持っていたら、2本使えば容易かも知れない。とにかく外れた。
P1000330
 この黒い印面保持部品はインクでべとべとだったので、ティッシュで丁寧にふき取る。

P1000324
 では、本丸。印面本体の分解である。印面は四角いカバーで固定されている。

P1000326
 このカバーは、写真のとおり、4か所の爪で固定されているので、2か所を精密ドライバーなどで浮かせれば簡単に外れる。

P1000325
 この爪はかなり薄いので、慎重に浮かせる必要がある。


P1000323
 外したカバーと


P1000322
 外れた印面保持部。


 ここまでくれば楽勝である。印面本体とプラスチックの間に精密ドライバーを差し込み、印面を外す。印面に触らないように注意が必要ではあるが、ばしばし押し付けられる部分。多少触っても問題はあるまい。
P1000321
 印面も、インクでべとべとなので、ティシュで丁寧に押さえてインクを吸い取る。ごしごししたらいかんだろうな。

 印面を外すと、さらにその奥に、おそらくインクを印面にまんべんなく行きわたらせるための多孔質のパッドが現れる。これもインクでべとべとなので、ピンセットで取り出し、ティッシュで押さえてインクを取り除く。
P1000320

 当然、インク投入口のついた黒い部品もインクでべとべとなので、ティッシュで拭きとる。ただ、この部品は最終的に中に隠れちゃうわけだから、外側がある程度きれいになればOKである。

 あとは、この逆順に組み立てればよいだけであった。これであと10年は使えそうな予感。つーか、インク補充は次から慎重にしようっと。

|

« シャチハタXスタンパーの分解 その1 | トップページ | 機能を使いこなせない放送局 »

コメント

ん? これ個人の所有物。

支給品はスタンプ台を使うただのはんこ。

投稿: 井村 瑶茉 | 2016.12.29 18:24

いむさんところのはXスタンパーなんだな。前任校はXじゃなかった。そういや、現任校のは見たことがない。
インクのノリが悪かったら試してみよう。

投稿: あび | 2016.12.28 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャチハタXスタンパーの分解 その1 | トップページ | 機能を使いこなせない放送局 »