« セブンネットショッピングに翻弄されている | トップページ | ナビ地図更新、トラブルオンパレード »

2015.07.18

刈谷市・夢と学びの科学体験館プラネタリウム

 今年に入ってから、豊橋市視聴覚教育センタープラネタリウムに行った。あたしゃ、最近、プラネタリウム本体に興味を持っているため、ばしばし写真を撮っていたら、プラネタリウム関係者と間違われ、いやいや、一般民間人ですと話が始まり、その中で、刈谷のプラネタリウムが更新される話を聞いた。

 刈谷市のプラネタリウムは、五島光学のGM 2シリーズを使っていた。さすがに1981年の機械なので、投影される星も最新機種を見てしまうと見劣りするものであった。しかし、他のプラネタリウムがメーカー作成のオートプログラムを流すだけの中、刈谷市のおそらく小中学校の先生方であろう、独自プログラムを作り投影するという方式は好感が持てた。

 さすがに、更改すぐは入れないだろうと、ほとぼりの冷めた今日、行ってきた。ここは、昔は刈谷市中央児童館であり、隣には交通児童遊園があったりして、ここらへんは、子供たちを遊ばせるには絶好の場所である。刈谷駅からも十分徒歩圏内にありアクセスも良い。そこそこの数の無料駐車場もある。なければ、すぐ近くに安い有料駐車場もあるから、車で来ても困らない。今日は台風直後で交通児童遊園の遊戯施設が止まっていたため、駐車場はがらがらで、ラッキーであった。

 入口には、旧GM2がピカピカに磨き上げられて展示してあった。わし、こういう古いタイプのプラネタリウムの方が好き。

Cimg0512r

 で、ドーム内に鎮座する新型機は五島光学のCHRONOSⅡ HYBRIDであった。まぁ、五島光学の製品からの更新だから、まぁ、五島だわな。

Cimg0516r_2

 投影が始まる。普通なら日没から始まってムードを出すのだが、いきなり夜!そして、五島光学作成のオートプログラムが走る。豊橋市もオートプログラムだったが、時々プログラムを止めて解説者が解説を挟み、質を向上させていたが、ここはさすがに、そこまでは手を回せないみたいである。

 星空解説の後、子供向け番組「がんばれハバタッキー」。星空解説は配信されたものをそのまま使っているのだが、後半番組は、ここのオリジナルキャラクターを使っている。旧マシンの時は、中の人もおそらく関係者の素人さんがやっていて、手作り感いっぱいだったが、さすがに、マシンが高度化してオリジナルで作ることができなくなったのだろう。キャラクターを使った番組を五島光学に外注して特別に作ったもののようである。でも、オリジナル番組を作るところなんか、がんばってますよの心意気が伝わってくる。

 帰りにプラネタリウムの土台を見ると、刈谷市のデンソー・トヨタグループ企業がずらっと並んでいた。意地よね。でも、こうやって、地元に還元してくれる/還元できる企業が少なくなったもんである。


|

« セブンネットショッピングに翻弄されている | トップページ | ナビ地図更新、トラブルオンパレード »

コメント

abiさん、こんにちは。

夏休みは、ちゃんと自宅研修しましょうね。

投稿: 井村 瑶茉 | 2015.07.21 09:28

行きたいとは思うけど、ほかにやり残したことがうずたかく・・・未読本も溜まっては捨てになってきてるし・・・
英語の教科書のような観測衛星の話が出たのでボイジャーのCDを取り出して理科の先生に見せて遊んでいる今日この頃。

投稿: abi | 2015.07.19 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セブンネットショッピングに翻弄されている | トップページ | ナビ地図更新、トラブルオンパレード »