« 確実に実行できる幸せ | トップページ | 本の装丁が見直されてきた »

2015.05.03

Pontaカードの不良交換

 最近はいろんなところで会員カードが発行され、財布を圧迫している。財布を圧迫するのがお金ならどれほどよいか。そのため、カードは極力増やさない方向で動いてはいるんだが、会員ポイントに目を奪われてカードを増やしている今日この頃である。このPontaカードもその1枚。

 新しく開店したガソリンスタンドで、安くなるうえにポイントもたまるということでしぶしぶ発行したPontaカードであったが、ごくまれにローソンで使ったり、GEOでレンタルに使ったりして地味に家計に貢献している。

 先日、ガソリンスタンドのセルフ機にカードを挿し込もうとして違和感を覚えた。Pontaカードの裏側の透明層が1枚、はがれかかっているのだ。このまま使い続ければ、よくて本体と裏面泣き別れ、下手をするとセルフ機の中ではがれて詰まってえらいことになる。しかし、この透明層には、個別認識用のバーコードとか番号とかが印字してあって、これが剥がれると、カードの意味をなさなくなる。しかし、剥がれるカードなんて聞いたことがないぞ。

 仕方なくPontaのサイトに行くと、案の定、お知らせがあった。他の個人blogなどでは、さらに詳細報告があり、「指定時間に電話をかけろ、再発行には2週間くらいかかるぞ、それまでは使えない」そうであった。異常にめんどいうえに、こういうのが上がっているということは、ロット単位で不良があったと思われる。

 めんどくさいと思ったら、さすが先人、簡略な方法を示してくれていた。「ローソンに行って、新しいPontaをもらってこい、必要事項をネット登録したのちに電話をかけ、ポイントを移行してもらえばよい」。なるほど。

 さっそくローソンに行って、「Pontaカードください」というと、すぐ出してくれる。さらに「登録方法はわかりますか?これ読んでくださいねてって、前にも使ったことある?」「うん、こっち、裏がはがれちゃって」「それなら電話かければポイント移してもらえるから」と親切にアドバイスをしてくれる。おばちゃん店員さんですら知っているので、かなりの数が剥がれているんじゃないか?

 これでカードは入手できた。しかし、電話をかけるのがめんどい。入っているポイント自体2~30ポイントくらいなもんだ。そのために労力はかけるのもなぁ。で、考えた。ローソンでポイント発生しない安価な品を買ってポイントを使えば、ポイントゼロになるんでない?さっそく実行。ガリガリ君1本お買い上げ。残ポイントゼロ。

 もうひとつ問題が残っていた。GEOのレンタル登録である。もう1回住所を書くのもめんどいし、使わないデータが残るのもいやんである。GEOに行く。「はがれちゃったんでレンタル会員登録移行できます?」「はいはい、できますよ」 本人確認のため、自宅電話と確認書類の提示を求められるが、あとはぴっぴっぴで、2分ほどで移行完了。「移行し、登録も抹消できましたんで不良のカードはこちらで破棄しますね」と回収されてしまった。担当のねぇちゃんの口ぶりでは、もしかしたらポイント移動もできたような感じではあったが、こちらのカードはポイントゼロにしてあったため、確認はできなかった。

 剥がれるカードってのはお粗末であるが、対応方法の通達はしっかりできているようで、Pontaをちょっと見直した次第。

|

« 確実に実行できる幸せ | トップページ | 本の装丁が見直されてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 確実に実行できる幸せ | トップページ | 本の装丁が見直されてきた »