« 井村家梅干しづくり・失敗への道のり2014・総括 | トップページ | 一日 LEGO で遊ぶ »

2014.08.04

大学の学食で昼飯を

 年に1回くらい、自分の大学の学食で飯を喰うことがまだある。

 思い起こせば、大学入りたての頃、まずは教養部直近の南部食堂で飯を喰っていた。しかし、南部食堂の建物はは当時、戦後を地で行った建物で、おおよそ食欲をそそるものではなかったし、あたしの個人的な感想ではあたしの大学の中でいちばんまずかった気がした。

 大学にちょっと慣れてくると、延々キャンパスを縦断し、北部食堂まで行って喰っていた。ここはまだ建物がきれいなだけ、そして、南部よりちょっとメニューがよかったので気に入っていた。それでも、おかずはおおむね冷め切っていたし、味噌汁なんか、具はほとんど入っていなかった。あったとしても、表裏分離したワカメが1枚入ってるくらいか。

 そういう定食だったので、おかずを食い切ってしまい、白飯だけが残る悲哀を何度も経験した。そうなっても食い切れるように、味噌汁を残す癖がついてしまった。おかずがなくても、味噌汁があればなんとか食い切れる。そのため、今でも、ご飯の際、味噌汁を最後までのこして奥さんにしかられるのである。一度ついてしまった習慣はなかなか直せないものである。

 その後、文系食堂を開拓し、ちょいとお高いが、味がすこぶる良かったので、そこに定着してしまった。そこに麺類コーナーができてからは、懐が温かいときは文系、通常は素うどんの生活となった。

 学部に入ってからは、理系カフェテリアにも行くが、もっぱら、旧理麺類コーナーでうどんの生活が続いた。あたしってば、麺類は結構すきなのよね。

 いずれにせよ、あたたかいご飯が食べられるのは非常に重要なことで、食堂がない現在の職場、しかも、なかなか外に喰いに出られない職場の食環境は劣悪と言える。

 さて、今日、あたしが始めていく大学の学食で飯を喰った。今の大学の食堂はどこに行っても(南部食堂もきれいになったんだろうなぁ)こぎれいで、安くてうまい。

 今日喰ったもの。

P1000234

 揚げたて味噌カツ定食、450円。うちの近くにこの食堂があったら、頻繁に通うのになぁ。

|

« 井村家梅干しづくり・失敗への道のり2014・総括 | トップページ | 一日 LEGO で遊ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井村家梅干しづくり・失敗への道のり2014・総括 | トップページ | 一日 LEGO で遊ぶ »