« 旅行先のスーパー探検隊 | トップページ | 窓があれば開けてもよかろう? »

2014.05.06

フェイクに懸ける情熱

 先日、諏訪方面に旅に出た。帰りは、まじめに中央道を通るのもつまらんが、あいにくの雨模様のため、外を歩くのはままならぬ。そこで、かねてから画策していたパワーロード国道152号線・杖突峠を通って帰ろうということにした。国道152号線は途中2か所で分断されているなかなかな国道で、いっぺん浜松から諏訪まで(152号起点は長野県上田市だが、諏訪以北は山道はあるもののふつーの道路なのでチャレンジ欲がわかない)走ってみたいとは思っているのだが。特に、諏訪から南の国道152号は中央構造線上を走るなかなか興味がある路線でもある。

 とはいうものの、期待した杖突峠は、単なる峠であり、さらに言えば、杖突峠を示す看板さえ見つけることができなかった(見落としている可能性は否定しない)。また、国道も、まだまだ国道であり、酷道にはなっていない。なーんだ、である。まぁ、うちら夫婦はワインディングロードは好きだから、中央道よりは面白いし、景色も荒天にもかかわらず、楽しめた。好天の時は、さぞや、よい眺めであろう。

 北の分断点であり、パワースポットの地蔵峠に行くには、時間的にも苦しいし、行ってどうなるものでもない。ということで、今回はまんじゅうと城跡しかない高遠から伊那に降りるコースを取る。

 で、高遠に行く途中。

Dsc07527r

 雨の中、なにやら不穏な景色。さらに進む。

Dsc07530r

 ネズミ取り?しかし、大雨だぞ。さらに近づく。

Dsc07533r

 ふぇ、フェイクだっ!

Dsc07536r

 パトカーもぺらぺらだっ!

 しかし、レーダー係のおっさんの服装なんか、まんまだし、警官なんか、ちゃんとネクタイまでしている。ぺらぺらパトカーも、タイヤだけは本物使っている。なかなか手の込んだフェイクである。思わずUターンして再度見物してしまったわ。

 これもまた、パワースポットのなせる業か?

|

« 旅行先のスーパー探検隊 | トップページ | 窓があれば開けてもよかろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行先のスーパー探検隊 | トップページ | 窓があれば開けてもよかろう? »