« 井村家梅干しづくり・失敗への道のり2014・カリカリ梅編 第2回 | トップページ | 自分の価値観だけで運転する輩 »

2014.05.25

井村家梅干しづくり・失敗への道のり2014・カリカリ梅編 第3回

【前回はこちら】

 梅酢もだいぶあがってきた。

P1000137

 やっぱり、赤い梅が食べたいので、紫蘇を投入することにする。一部を青梅を楽しむために瓶に取り分け、残りに紫蘇を入れることにした。さすがに、この時期は、まだ赤紫蘇は出回っていないので、仕方なく、できあいの塩もみ済みの紫蘇を買う。表書きには1袋2~3kg用と書いてあるので、十分である。

P1000138

 紫蘇を入れるとこんな感じ。

P1000139

 この紫蘇の品質はまだわからないが、あらかじめ梅酢が投入されているため、揉んだ紫蘇を投入した際の青から赤への変化が見られないのはつまらないが、こればかりはしかたない。マニュアルにはあまり色はつかないと書いてあった。どの程度まで色がつくのであろうか?

【つづく】

|

« 井村家梅干しづくり・失敗への道のり2014・カリカリ梅編 第2回 | トップページ | 自分の価値観だけで運転する輩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井村家梅干しづくり・失敗への道のり2014・カリカリ梅編 第2回 | トップページ | 自分の価値観だけで運転する輩 »