« 攻める松永製菓 | トップページ | ヘンな設定 »

2013.11.03

うきー、でございます

 今日、南大高駅近くのシネコン(名前は伏せる)に行った。開始15分前になったので、飲み物やらを買おうと列に並ぶ。売っている物は全てボードに書いてある。列は結構長く、買うものを決める時間は十分にある。それなのに。

 店員にメニューを聞かれてから買う物を考えているバカのいかに多いことか。並んでいるのは物を買うためなんだから、買う物を考えることをなぜ先にやっておかないんだ?段取りが取れない奴ばっかである。遅々として列が進まない。すでに開場時間は過ぎ、上映時間秒読みになっている。

 段取りが悪いのは客だけではなかった。店員も、どうやら新人らしく、オーダーミスしたり、手際が悪い。それだけでなく、注文によっては、いちいちバックヤードに注文に行かなければならないため、受付が不在になることが多々ある。これでは客はさばけない。

 上映時間となるが、バイト君はまだ前の客のオーダーでうろうろしている。発狂寸前である。奥さんが機転を利かせて替わってくれなかったら、バイト君か、責任者を血祭りにあげていたに違いない。

 この混雑に拍車をかけていたのが、上映時間の組み方である。見に行った16時台の上映開始時間が、16:15・16:25・16:30が2件・16:35が2件、16:40、16:45、16:50。おそらく、時間を集中させて、いろんな手間を削減しようとしているのだろうが、この時間帯、シネコンの半分が入れ替わることになる。完全に売店のキャパオーバーである。タイムスケジュールの組み方が極めて悪い。

 このシネコンは、販売品目をもっと制限して回転をよくすることに知恵を使ってもらいたいものである。

 しかし、昔は、いい映画は総入れ替え制でない限り、最後まで居座って楽しめたが、今は1回こっきりである。着席確保されるのはいいが、なんとかならんもんかなぁ。

|

« 攻める松永製菓 | トップページ | ヘンな設定 »

コメント

あまのさん、こんばんは。

 そーかー。BDオマージュかぁ。そういう言い方もできますね、というか、それ言っちゃうだけでかなりのネタバレ。あと、ほむらちゃんの最終的な着地点がいろいろ解釈できるってのも、むーーんなんですけど。

 しかし、メンタル折れはなぁ。この映画観ている人間は本編観ているわけでしょ?本編の方がよっぽどメンタル折れる、いや、本編ならメンタルばきばき折れてもいいよ。それでもまだ、折れるメンタルあるのかい?折れたメンタル集めて、バラックのメンタルを作っているんだろうか?この映画は、折れたメンタルを眺めながら余韻を楽しむ映画って感じがするんだけど。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.11.06 19:29

いむいむさんこんばんは。
なるほど。TVシリーズなんて答えは全て目の前に120%さらけ出されていて、初見時の9話までミスリードというか、もやもやが10話で足を完全に大外刈りですくい上げられた感じでしたからね~。
主題歌のコネクトはみんな、まどかの心象を謡ったものと思っていたら、なんとほむらの詩だった。あの心地よさを求めたらむーんでしょうねえ。

個人的には、いろいろとシチュエーションや演出をパk…こほん。オマージュしてるというのが見え過ぎちゃって、安堂ロイドの出来の悪さに近い感覚を覚えてしまいました。

最初の10分ほどで、ループはもう無い設定だから、ほむらが何になったのかなとか思ったんですけど、11話でソウルジェムはマックスに汚染されていたけれど、12話のラストではちゃんとカケラに吸い取らせていてきれいなジェム状態に見えたので、ああ、これって最後の魔獣はもしかして、本当はほむらの見ているアレ…なのかな(ここでビューティフルドリーマーっぽい感じがぼちぼち出てる)
バスのくだりなんかはもはやハリアーで飛び出す面堂ポジションの人間がいたら…
そして、無邪鬼が見せていた夢の世界はヒロインであるラムの願望って、まんまですね
んで、だれの見ている夢なのか…
「犯人はヤス」
じゃないですが、予測していたひと多いと思いますがビンゴ。

そして、最後に向かって「強敵とかいて最高のともだちと読む」というネタがいっぱい浮かんだら、デビルマンの原作コミックになだれこんだような雰囲気で、そしてコードギアスR2のエンディングにも似てるなあと。

若い子はこれで心が折れるのかなあ。
いくら何でも折れないよなあと思っていたら、某検索サイトの映画掲示板でこき下ろされていた。みんな豆腐メンタルだったw

むーーーんが、そこの着地点じゃないのはもう、ベテランだからに違いないですねw

投稿: あまの | 2013.11.06 05:13

あびさん、こんばんは。

 どーかなー。余裕がなかったのは確かなんだが。

 ポップコーンは1時間前に買っても問題ないが、飲み物は1時間前から買うわけにはいかんからなぁ。15分程度前に並ぶのは、かなり余裕を見たつもりなんだが、それ以上余裕時間を要求されるとは思わなかった次第です。その原因が、購買者の輻輳によるものだけならあきらめもつくんですが、最大の原因が、売り場のシステム、それに客要因・バイト要因がからみあって、うきーときたわけです。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.11.05 18:25

あまのさん、こんばんは。

 新たに項を起こすと、必ずやネタバレしそうなんで、コメントで短く。

 本編の方は、答えは書いてあるのに、ミスリードに乗せられて、そしてはっとミスリードに気付く連続。あの巧みなミスリードが心地よくもあったのです。いやぁ、主人公すらミスリードだとは最後まで気付かなかった。

 で、映画の方はそうなることを半ば警戒し、半ば期待して観ていたわけです。ところが、今回は真っ向から直球を投げてきたわけで、面食らったわけです。

 続編にありがちな、無理した設定、整合性の合わなさはみじんもなく、よくできた映画でありました。もっとも、本編を予習して行かないと何が何だかわからない映画でしょうが。

 むーーーんの半分は、あたしって、本当にミスリードされていないのかしらんという不安。残りの半分は、最後が、静かに、静かに終わっちゃって。いや、どんぱちやったらいかんのだけど。納得もしているんだけど。でも、なんか、むーーーん、なのです。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.11.05 18:21

道具の場合は納得が行くというか、自分に最適化どうかを見極めるのに真剣勝負になりますよね。車の試乗なんかじっくりと乗りたいので希望車種と同型をレンタカーで借りたりしてじっくり乗って確認は普通やりますからね〜。
まあ、冒頭5分で破壊力の高いシーンが有るので、焦って正解かもですwとあたしは思ってます。

投稿: あまの | 2013.11.04 23:41

まぁ段取りが悪いと思うのも良いんだけど、そのように思ってしまうことも心に余裕が無い証拠だから気を付けようね。
まぁそれはそれで仕方がないさ。と、買い物をあきらめる選択肢もあるのだから。

効率一辺倒だと、自分の使ってる弓道具屋で買い物は出来ない・・・1つの商品を買うのに最大4時間かかったことがありますb弦を5種類も買えば30分かかるとかよくあります。
ちなみに、前のお客で2時間、自分で2時間です。作ったりするものじゃないんだけどねぇ~

投稿: あび | 2013.11.04 14:13

女性に多いけれど、商品が出て来てから財布をゴソゴソとバックから取り出したり、お釣りをもらってからゴソゴソとバッグの中を整理しながら時間かかる人が多いですね。コミケなんかで鍛えられた人間からするとなんでもっとキビキビできないんだと思っちゃいますよねw
某作品ならraibuにある某劇場はいちおう、同時間被りは無いんで良いんですけどね。
というか初日深夜に行っちゃったので前売り券余っちゃってたw
もう一回見に行くのはしんどいかな〜とか。

ところでむーーーんだったそうですが、感想文読みたいですよw

投稿: あまの | 2013.11.04 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 攻める松永製菓 | トップページ | ヘンな設定 »