« タレビンのキャップの色 | トップページ | ぶっちゃん、新たな戦法 »

2013.08.20

原因は何か!?

 うちのIH調理器が壊れた。

 基本的には使えるんだが、天ぷらの温度管理ができず、延々加熱を続けてしまうのだ。

 で、2口あるIHで同じ症状が出る。ということは、温度センサーが同時に逝く可能性は少ないため、逆に、温度センサーは生きている可能性が高い。で、そのことを伝え、今日、修理にやってきた。

 温度センサーからまず、加熱表示基盤に信号が送られ、次に、コントロール基盤に信号が送られるという回路構成になっているようである。そのため、加熱表示基盤と、コントロール基盤を交換、あと、サービスで加熱調節ダイヤル基盤なんかを交換し、テスト。

 結果。

 ①通常加熱は可能。

 ②左で油加熱テストしたら、160℃設定なのに加熱が続き、220℃を超えた(怖いので検証を途中で中止)

 ③右で、湯沸し(100℃)設定をしたら、沸騰後、加熱は終了した。

 ④右で油加熱テストをしたら、200℃設定なのに加熱が続き、220℃を超えた(怖いので検証を途中で中止)

 ⑤左で再度、湯沸し設定をしようとしたが、設定できない=天板が100℃以上なので設定できない。

 ⑥右で再度、湯沸し設定をしようとしたが、設定できない=天板が100℃以上なので設定できない。

 とゆーことで、サービスの人と、洗い出し検討会をした。

 ②④から、油温度設定の故障は確認できた。
 ③から、100℃までの温度監視は生きている=センサーは生きていると思われる。
 ⑤⑥から、100℃までの温度監視は生きている=センサーは生きていると思われる。

 センサーが生きており、検知された温度を処理する基盤は全て交換したため、原因を特定できなかった。ということで、原因不明、修理未完了のため、サービスの人はいったん持ち帰って検討されるそうである。可能性としては、100℃近辺までは温度センサーは正常にはたらくが、150℃を超えると、正常な温度を伝えられなくなっている?くらいしか考えられない。まことに不思議な故障である。どなたか、原因、究明できます?

|

« タレビンのキャップの色 | トップページ | ぶっちゃん、新たな戦法 »

コメント

Todoさん、おはようございます。そしてはじめまして。

 修理される方の最初のチェックポイントが、ガラストップの汚れと鍋でした。

 ガラストップが汚れていると、温度が正しくセンサーに送られないことがあるそうです。これに関しては、そこそこ掃除されていたので問題ありませんでした。

 鍋は、マニュアルに「専用鍋を使わないと温度調節が働かないおそれがある」旨記述があります。そのため、東芝製専用鍋を使用していますので、これもシロとなりました。鍋の形状や油の量の多少にどれくらい追随できるかは検証していません。

 しかし、一度こういう便利な機能を使ってしまうと、マニュアルで揚げ物がおっくうになってしまうのは情けない限りです。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.08.24 08:30

Mnさん、おはようございます。

 センサーから情報が入る基盤は、今回の修理で交換したんです。交換した基盤のAD変換器も故障している可能性は否定できませんが。

 東芝さんからはまだ連絡が来ません。みんな頭をかかえているんでしょう。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.08.24 08:25

「IH調理器で油を加熱するには、専用のなべを使用しなさい。でないと温度コントロールができません(過熱を続けます)よ}という記載を見たことがありますが、そんな単純な問題ではないですよねぇ....

投稿: Todo | 2013.08.23 09:00

…A/Dコンバータ部分の故障に1票。

 多分センサーはアナログで、ADC1回路に複数の温度センサーを切り替えて入力していると思います(コンマ数秒間隔で切り替えれば同時処理しているように見せるには十分でしょう)。ADCの出力ビットが死んでるか、処理回路側の入力ビットが死んでるかは分かりませんが…。シリアル通信だとしたらADCの内部的な故障ってことに。

 最近の組み込み向けCPUならアナログ入力ポートが複数ある奴も高くないので切り替えてないと思いますけど、外付けADCを使っているとすればADCを複数つけるより入力を切り替える設計なんではないかと…。

投稿: Mn | 2013.08.22 22:11

鯱さん、あびさん、おはよーございます。

 問題は、2口同時にセンサーがアウトするかどうかということなんですが、日本の製品は品質がいいので、寿命も同じなんて言われますから、否定はできません。他所では、デジタル処理をしているなかで、8ビット処理=255℃までのレンジが、ビット落ちして7ビット=128℃までしか処理できないからではと言う意見もありました。

 センサー自体がデジタルなのか、アナログなのかすらわかりませんが、最後に残るのはやっぱりセンサーですかねぇ。

 東芝の故障解析能力に期待したいものです。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.08.22 09:02

温度センサーの劣化ですかねぇ?

投稿: あび | 2013.08.20 23:01

あのぉ、単純に温度センサーが100度以上を認識できなくて、止まらないってのは?

投稿: 鯱 | 2013.08.20 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タレビンのキャップの色 | トップページ | ぶっちゃん、新たな戦法 »