« サンダーバード博に行ってきた | トップページ | いやん、えっち! »

2013.08.30

ぶっちゃんが蛍光灯壊した

 うちの電球型蛍光灯が1本切れた。暗くなったり、点滅したりすることなく、突然に切れた。つーことは、素人考えで蛍光管が劣化したんじゃなくて、内部回路が逝ったんじゃないかと思う。切れたのはパナソニックのパルックボールプレミア100Wタイプである。公称寿命が10,000時間だから、毎日8時間点灯で1,250日=3.42年だから、おおむね寿命をまっとうしたと言える。

 で、交換電球として、ちょっと前に目をつけていた100W型電球色LED電球である。ちょい前まではせいぜい60W~80W程度の明るさしかなく、交換用には物足りなかったのだが、NECがとうとう発売したのだ。交換するならこれかなとひそかに思っていたのだ。行きつけの、ぶっちゃんが憑依しているネットショップにふらふらと出向く。そうすると、もう1社、日立も同輝度のLED電球を発売していた。NECや日立が発売できて、何で天下のパナソニックや東芝が発売できないかと言う点にちょっと不安を感じながらも検討を開始する。

 値段は日立が4760円に対してNECは4470円。あとのスペックは、質量以外はほぼ同じ。質量は、日立は135gに対して、NECは260g。電球型蛍光灯パルックボールプレミアが112gだから、NECは倍以上である。支持体の強度に問題はないとは思うが、軽いに越したことはない。後発メーカーの方が何かと改良されているだろうということで、日立を選択。ごめん、NEC。でもミニクリプトン球交換用LEDはまだ優位だかんな。しかし、面白いのは、日立の型番がLDA17L-G、NECがLDA17L-G。同じ規格の製品の型番は、会社が違っても同じにしてあるのかなぁ?

 で、今日届く。装着。点灯。

 当然ながら、すぐ点く。最初から明るい。明るい段階で観たところでは色目、光の広がり具合は電球型蛍光灯にそん色ない。パルックボールプレミアは、点灯ディレイがほとんどないと思っていたが、LED電球と比べると歴然。消費電力差は3Wしかないため、微々たるもんだが、値段は3倍だが寿命が4倍あるし、なによりすぐ明るいというメリットは計り知れない。調子よければ、他の電球が切れたら随時LED化していこうかと思う。

|

« サンダーバード博に行ってきた | トップページ | いやん、えっち! »

コメント

竜馬さん、こんばんは。

 以前のLED電球は、電球が向いている方向だけ明るいって特性がありましたが、今は白熱灯と比べなければわからないくらいまで進化しましたね。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.09.03 17:35

ウチもこないだフロの電気が切れてLEDに変更したんだけど、あまりに明るくて感動した。

投稿: 竜馬 | 2013.09.01 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンダーバード博に行ってきた | トップページ | いやん、えっち! »