« 井村家梅干し作り・失敗への道のり 第1回 | トップページ | 今年は、ホタルはまだ。 »

2013.06.09

井村家梅干し作り・失敗への道のり 第2回

【前回はこちら】

 完熟梅なので、のんびりしてはいられない。漬けにかかる。

 漬けにあたっては、こちらのページこちらのページを参考にさせていただきました。ただし、今回は初めての梅漬けにもかかわらず、リンク先様の指示に従った方法から外れた独自製法に挑んでいるため、今回失敗しても東方の責任、うまくいった場合はリンク先様の指示がよかったということで、くれぐれもその点ご了解ください。よろしくお願いいたします。

 まずは洗い、ヘタ取り。ここらへんは、前に梅酒を漬けたことがあるので問題ない。塩分は、今回は材料の12%という値を用いることにした。下の写真で梅約1kg、塩約120gである。塩はその名もあらしお株式会社製「あらしお」を用いてみた。

P1000023

 梅1kgをジプロックの大に入れるとこんな感じ。

P1000025

 一方で、漬けこむ箱の用意。何のことはない、ペットボトル麦茶の箱である。12kgのものが入っていた箱である。強度的には問題あるまい。

P1000027

 その内側に、念のためにビニール袋を3重に敷いた。

P1000028

 さて、梅の方だが、カビ予防のためにホワイトリカーを1kgあたりおおむね50mL入れ、さらに、そこに塩の半量強を投入し、塩をまぶした。

P1000029

 それをくだんの箱に4つ並べて入れてみた。積み重ねても問題はなかろうが、液漏れが怖いので、横並び。

P1000030

 そこに、残った塩を投入。

P1000031

 ジプロックの空気を抜いて口を閉じる。

P1000032

 上にダンボール1枚かませたうえで、材料の2倍(今回は4kgの梅を使ったので8kg)の重りを乗せてクローゼットに放り込んだ。

P1000033

 該当ページによれば、まじめな漬け方をすると、2~3日で梅酢が上がって来るそうである。

【つづく】

|

« 井村家梅干し作り・失敗への道のり 第1回 | トップページ | 今年は、ホタルはまだ。 »

コメント

こばりんさん、こんばんは。

 うまいかどうかはしらないけど、最近は塩もみして灰汁を絞り、青梅漬けに乗せるだけにした赤紫蘇を売ってます。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.06.11 23:58

 あぁ、ウチはあんま紫蘇入れないんです(^_^;)。揉んで絞るのが面倒で(をいヾ(^_^;))・・・と言うか、大量に絞る体力がナイ(^_^;)。

投稿: こばりん | 2013.06.11 23:54

こばりんさん、こんばんは。

 塩は限界ギリギリの12%にしました。というのは、うちの娘(大)が紫蘇大好きなんで、たっぷり入れる予定なんです。それを見越して薄目に。

 ジプロック4袋。失敗しても被害は1/4とリスク分散になるかなと。それより、できれば漬物容器を増やしたくないと言うのが本音かな。かっこよく焼き物のカメを使いたいところなんですけど。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.06.09 21:15

 ジップロック使うんだ・・・ウチはもっと古典的(^_^;)にホーローの漬物容器に。塩は15%で軽くまぶして残りを梅の上に。焼酎は容器の消毒だけに使用。重石してビニール袋かぶせて放置(^_^;)。コレでも結構黴びませんよ(^_^;)。

投稿: こばりん | 2013.06.09 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 井村家梅干し作り・失敗への道のり 第1回 | トップページ | 今年は、ホタルはまだ。 »