« 無口キャラの源流 | トップページ | セブンイレブン危機一髪 »

2013.05.06

北陸は醤油甘い地帯であった

 日本経済新聞電子版「食べ物新日本奇行」において編集された「食べ物日本地図」2007年秋の項に、「醤油は甘い?」の調査地図が掲載されている。九州の醤油は、砂糖をはじめとする甘味料が加えられており、こちらで言う砂糖醤油のような味であるということはここで知った。給料が安いので九州旅行なんかできないから、どれくらい甘いか実体験する機会は、まだない。

 名古屋では、甘い醤油~~?という感じなので、ここらへんのご近所県もみんなそうであると思っていた。

 ところが、先日大辛と称されている滋賀で甘味料の入った醤油を発見した。

P1000079 P1000080

 さらに、福井は小甘、石川に至っては大甘ではないか。今回、福井・石川を旅するにあたって、地元のスーパーに立ち寄り、醤油などを視察してみた。

 まず、福井県あわら市内にあるビッグマートあわら店。さっそく発見。

P1000247 P1000249

 「あまくち フクしょうゆ」。福井市内のメーカー製造のようである。甘口と書いてあるからには、デフォルトは甘くないのかな?しかし、天下のキッコーマンの醤油も、あまくちが存在した。

P1000250 P1000251

 どれくらい甘いか、九州とどっちがつおいのかはわからないが、大手ですら甘い仕様の醤油を発売しており、それを並べているくらいだから、福井は甘い醤油地帯と言えるだろう。

 さらに、金沢。兼六園の帰りに寄ったマルエー元菊店。さすが、大甘地帯だけあって、こちらも金沢市内のメーカーが作っているあまくちしょうゆ「直っぺ」というのが販売されていた。

P1000254 P1000256

 福井でも置いてあるんだから、金沢でもキッコーマンあまくちが置いてあった。

P1000253

 さすがに、特化バージョンなんだろう、お値段はかなり高め。

 あと、そうめんつゆ。もちろん、おおかたは、名古屋で売っている定番のものなんだが、北陸専用品とおぼしき品が。色がむちゃくちゃ薄い。名古屋や東京の人間が大阪のうどんを喰う時、色がないくせにちゃんと味がする、納得できん状態になるんだが、このそうめんつゆも同じことが発生しそうである。北陸の人、不安じゃないんですか?

P1000258 P1000259

 これを製造しているのが天下の寿がきやなのだ。名古屋だけでなく、北陸にも専用品を送り出すなど、なかなか芸が細かい。
 
 
 
 
 あと、つけたり。

 北陸自動車道賤ヶ岳サービスエリア上り線で「富士宮やきそば」を売っていた。

P1000260 P1000261

 売っていたが、「う宮~!」のオレンジ色の幟と、「富士宮やきそば学会」の文字もない。天下のSAで店を開いている店が商法違反をしているんだったら、問題である。もし学会に登録しているんだったら、パチモンを発生させないためにも、ちゃんとした表示をしてもらいたいものだ。前、蓼科のある湖の屋台に厚木シロコロホルモンのパチモンが売られていた。B級グルメはここまで浸透しているんだなぁ。

|

« 無口キャラの源流 | トップページ | セブンイレブン危機一髪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無口キャラの源流 | トップページ | セブンイレブン危機一髪 »