« GW記録:福井県恐竜博物館編 | トップページ | GW記録:東尋坊編 »

2013.05.12

GW記録:ホテルほっこり編

 ホテルに着く直前にセブンイレブンを発見。福井県はセブンイレブンの店舗はあるんだが、店の数が少ない。福井県恐竜博物館から芦原温泉まで走って、初めて見るセブンイレブンが宿直前であった。ここで、レジャーチケット付属のお菓子交換券でお菓子を交換する。うちの娘の意見で、4枚ともチョコに交換。で、これに味をしめ、明日必ず行くであろう越前松島水族館の入園レジャーチケットを発券した。こんどはポテチにしよう。この店には在庫はないようなので、名古屋に帰ってから交換である。

 宿は前述のとおり、湯快リゾート 癒しの宿 青雲閣というところ。芦原温泉の多くの宿は田んぼと同じ高さなんだが、ここだけは高台に建っており、眺めはすこぶるよい。ここは、過剰サービスを一切省き、その分安く、そして休日料金などを設定しないというポリシー。このポリシーさえ理解すれば、安くてよい宿である。

 チェックインと同時に食事場所・時間、避難経路などの説明を受ける。荷物運びの仲居さんはいない。まぁ、いてもあたしは自分で持って行くたちだからぜんぜん気にならない。浴衣も、フロント横に全サイズが陳列されており、それを持って行く。これなら、あとで交換をお願いしなくてもいいし、子供用の浴衣もちょうどいいサイズが選択できるいいシステムである。部屋に入ると、すでに布団が敷いてある。これも、この宿のポリシー。かえってうれしい。

 部屋に入ったらすぐ食事。今日は満室だそうで、食事会場も二部入れ替え制。そのため、17:30開始の食事が17:10から食べられるそうなので、さっそく食べに。子供は子供懐石という、大人の料理の品数や材料を抜いたものである。大人はこのホテル自慢の創作和膳。ごはんなんか、めいめいのお釜が用意されており、一人分ずつ固形燃料で炊くと言う凝りよう。おいしゅうございました。

 風呂は、打たせ湯付き広い内風呂とジャグジー、サウナ+水風呂、露天風呂と一通りそろっている。泉質は芦原温泉なので、おとなしく、無色透明・湯の華なしの温泉である。やっぱり温泉はいい。風呂上りには、マッサージマシン。4台があり、無料。卓球台も3台くらいあって、無料。インターネット無料、外のテニスコートとゲートボール場も確か無料、マンガ室無料と無駄な金を落とさずホテル内でくつろぐことができる。

 翌日の朝は朝風呂の後バイキング形式の朝食。和洋あり、品数も十分。うちの娘たちは慣れたもんで、とりあえず食いたいだけ持ってきて、喰ったら取りに行く。うん。こういうのは経験しないと身に着かないからなぁ。

 一休みした後、東尋坊へ。

|

« GW記録:福井県恐竜博物館編 | トップページ | GW記録:東尋坊編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW記録:福井県恐竜博物館編 | トップページ | GW記録:東尋坊編 »