« 遠足は、おにぎり持って? | トップページ | ETC各種登録で »

2013.04.27

お札を納めに参ります

 生徒の入試も終わり、それぞれの進路に散って行った。まぁ、あたしゃ、進路は個人の自由だから、そこはつらいから覚悟しろよくらいは言うが、基本的に、進路決定は個人に任せている。どっかの新設高校(たいてい学校名に東西南北とか野がつく)は、国公立大学に何人入ったかだけがアイデンティティーなので、私立を受けようとする生徒を国公立に誘導することもあるやに聞く。そんな進路指導は死んでもしない。

 で、担任ができる事と言ったら、やる気のある子が落ち着いて勉強に専念できるようバックアップするか、神頼みするかである。で、あたしはへそ曲がりなので、怨霊化した菅原さん系統は敬遠し、アマテラスの時代からの知恵者であるオモイカネを祭る長野県阿智神社のお札をいただき、教室に貼ってあった。そろそろお札を納めに行く時期だろう。

 ということで、今日は予定も空いているし、天気もよさそうなので納めに行くことにした。普通なら中央道園原ICまで行くのだが、給料削減が一向に終わらないし、それ以外の予定もないから、ドライブついでに下道を走ることにした。

 10:30にガソリンを入れ、軍資金を下して出発。R363を使い、瀬戸→土岐→恵那と走る。恵那市岩村でR257にスイッチ。途中、道の駅 上矢作ラ・フォーレ福寿の里でトイレ休憩を取り上矢作でR418にスイッチした。ここまでは道もよく、田舎道なので信号もなく、道はがらがら、楽しいドライブであった。

 ところが、R418に入った途端、400番台国道は牙をむいた。418号は酷道のレッテルをいただき、福井から恵那に至る区間は「落ちたら死ぬ」の看板が掲げられ地獄の様相を呈し、廃道の道をたどっていると聞く。恵那から飯田へは、まだぜんぜんマシで、舗装はしてあるし普通車は通れるが、それでも普通車すれ違い不可の道が続く。酷道ファンから見ればへらへらであろうが、結構スリルのはずであった。

 でも、途中、大阪ナンバーのとろい車+それに道を阻まれたもう1台のために、イライラ運転に。後ろを全く見ていないし、自分のスキルってもんを認識していない。こういうのは品川ナンバーに顕著なのだが、大阪ナンバーもそうであったか。スキーシーズンに、平谷村温泉からの帰り道を考えた際、ここも候補にあがったが、大事を取って園原に引き返したが、大正解であった。もし行っていたらちびっていたであろう。

 平谷村でR153にスイッチ。ここからは立派な国道である。途中よく訪れる治部坂高原スキー場を望み、阿智村に入る。途中、R256にスイッチし、阿智神社本宮に到着。車は昼神温泉朝市駐車場に放り込む。お札の返納場所がなかったらと言う不安があったのだが、本殿の下にお札返納箱が用意してあったので、事なきをえた。その後、園原IC近くの阿智神社奥宮も参拝し、今日の本題は終了である。

 時刻は1時近くになる。温泉にも立ち寄りたいが、それより飯である。しかし、昼神温泉は宿がメインなので、ろくな飯屋がない。で、来た道を戻るにしても、R418が待っている。ということで、ちょいと戻ってR256に戻り、南木曽方面を攻めることにした。昨日、ここらへんに遠足に来たんだがなぁ。

 妻籠宿をすぎ、R19に合流する。途中、南木曽温泉があったが、パス。ほどなく、道の駅賤母(しずも)が現れる。まぁ、地場のおいしいものを喰ってもいいんだが、今回は節約である。軽食コーナーのかけそば400円なりで我慢する。400円だから、手打ちなんてわけがない。冷凍ものにきまっている。でも、はずれがないからよしとする。で、出てきたのが、他地域なら「山菜そば」と称して売ってもはずかしくないそばであった。ラッキー。

 その後、R19を中津川方面に走る。途中、栗きんとんで有名なすやがあったので、栗きんとんでもと立ち寄るが、「栗きんとんは季節もので、9月から1月まででございます」と言われる。昨日の妻籠宿では売ってたんだが、あれは輸入栗か、保存栗で作ったものなんだな。それでは仕方ないと、季節ものの「朴葉まき」というのを購入した。葉っぱが5枚ついているの枝を切り取り、その生葉1枚1枚で道明寺粉と寒天でできた皮であんこを包んだものをくるむという、結構手間がかかった品である。(写真は3個喰った後)

P1000240

 朴葉味噌は香りがよいが、その系統の香りがかすかに移ってなかなかさわやかな一品である。おいしゅうございました。

 で、その後、まじめに中央道かR19で帰ればいいものを、R363全線踏破とか言って、R363に入った。が、R363に入ってちょっとすると、さっきのR418の再来なみの道が待っており、げげげと言いながら帰途についた。もう、時間が時間なので、温泉はパスであった。ちなみに、R363の仮性酷道区間は1~2kmくらいのもんだったが。

|

« 遠足は、おにぎり持って? | トップページ | ETC各種登録で »

コメント

いぶきさん、こんにちは。

 今回は恵那から飯田方面でしたので、その程度ですみました。R418の本領は、恵那から福井方面です。恵那を出て御嵩町あたりは、道が閉鎖され、もう、酷道どころか、道の様相も呈していないようです。で、有名な「落ちたら死ぬ」は、関から福井にかけての間だったと思います。今回はぜんぜん別方向ですね。

 それよか、あたしは分断酷道R152に惹かれています。ちゃんと道はあるので車は走れますが、ガス欠せずに走行できるかが心配です。

投稿: 井村 瑶茉 | 2013.04.29 08:46

お疲れ様です。
噂の「落ちたら死ぬ!」区間をレポートして欲しかったですが、残念です(笑)。

投稿: いぶき | 2013.04.29 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠足は、おにぎり持って? | トップページ | ETC各種登録で »