« 一回殴って、二回なでてやりたい | トップページ | 高校野球が気に入らん »

2013.03.15

においを消したいのかつけたいのか

 いろんなTVCMがあるが、まぁ、いっちゃん嫌いなのは黒鼠株式会社関連のCMに決まっておるのだが、ここんとこ、ファブリーズのCMがむちゃくちゃ気持ち悪くて仕方ない。

 実験的に検証したわけではないので、本当に効果があるかどうかは述べることができないが、ファブリーズは消臭除菌効果があるそうだ。何かに付着したにおい成分を分解したり、におい成分を作り出す雑菌を殺せば、におわなくなる原理に関してはうなずけるし、剣道部の連中が必死に防具にファブリーズをかけているからには、それなりの効果があるのだろう。そこまでは認める。(もっとも、最近は洗える防具ってのもあるそうだから、どんどん買い替えればいいのにと思うが、愛知県立高校ではそんな予算はどこにもないのであった)

 しかし、「ファブリーズで洗おう」って表現に違和感でまくり。もし、脱臭・除菌をして洗ったとするなら、うんこを脱臭除菌すればきれいになるはずである。まさか、ファブリーズをスプレーしたからって、汚れが落ちると思っている大馬鹿者はいませんよね。誰も洗ったと思わない状況を「洗った」と主張するCMを流すコンセプトってなんなんだろう?消臭・除菌したうんこなら、このCMを作っている人間は平気でさわれるのかしら?

 で、ファブリーズはまずもって消臭が命に違いないのだが、なんで、香りをプラスするんだ?いい匂いだってにおいだろう?何かね、ファブリーズは人間にとって不快なにおいだけ分解し、人間が好感をもつ匂いは分解しない識別能力があるのかい?あるいは、ファブリーズの消臭成分が分解できない芳香成分を加えてあるのか?ということは、その芳香成分のにおいが嫌いでファブリーズを使用しても効果がないということか?なんか、矛と盾だな。

 そういえば、近年、におい付け製品が氾濫している。顕著なのが柔軟剤。もう、においのオンパレードである。悪いにおいとは思わんが、香水だって、付けすぎれば下品な化粧のおばちゃんになってしまう。今では、においがない柔軟剤を探す方が難しい状態だ。お風呂に入らなかった平安時代は香をたきこめる文化があったが、本来、日本人はそれほど体臭はない民族のはず。誰が付けているかわからないけど、ふっと香る、上品な使い方ができんもんかねぇ。

|

« 一回殴って、二回なでてやりたい | トップページ | 高校野球が気に入らん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一回殴って、二回なでてやりたい | トップページ | 高校野球が気に入らん »