« 剣呑な凶器 | トップページ | 偏見の塊 »

2012.10.10

昔はよかったというとトシになってしまうが

 今、奥さんがレコード大賞かなんかの懐メロ総集編みたいなの見ている。そして、あたしは聞くとなしに聞きながら、実は耳を傾けてしまう。ひと昔前までは、国民が否応なしに覚えるほど流行した歌が1年に何曲かあった。そして、それが世相にリンクしたもんだった。今聞くと、金出す価値がある曲である。

 近年、CDとかの売り上げが低下しているそうである。音楽制作側は、ネットによる違法ダウンロードによってン億円の損害が出ている、だから規制を強化しろと言っている。んじゃぁ、アナログ時代はどうだったわけ?当時だって、LP(CD)は高い買い物だった。だから、エアチェック、少しでも音質が良く、ステレオのFM放送の番組表を穴が開くほどチェックし、欲しい曲を録音したもんだ。そして、それを楽しんだもんだ。今の違法ダウンロードを完全に容認するわけじゃないが、その数は、エアチェックした人数とたいして変わらないんじゃないのか?エアチェックしても、音楽制作側は容認していた。著作権法にのっとった行為だから文句は言えなかったのだが、かと言って、LPの売り上げが減るから音楽放送をやめろとか、エアチェックするなとかいうけち臭いことは言わなかった。

 結局、音楽関係の売り上げが減ったのは、買いたくなるほど魅力的な音楽を作っていないからじゃないか?ここ数年、国民の多くの心に残った曲を作ったことがあったのか?売れているらしいAKBのCDなんて、なんとか券のおまけだろう?

 ミュージシャンの本道を踏み外しては、共感は得られまい。原点に立ち返り、音楽で聴く人の心を引きつけてみろと言いたい。それをしていないことを棚に上げて、ダウンロードのせいにするのは責任転嫁と言えるだろう。先般の改正著作権法は、再度審議をしてもらいたいもんだ。おそらく、賛成票を投じた人間はJAなんとかという団体から袖の下を受け取っていたに違いない。

|

« 剣呑な凶器 | トップページ | 偏見の塊 »

コメント

あまのさん、こんばんは。

 そこまで言うんだったら、発売元に、CD、テープ、LP、その他もろもろ、全てのメディアを発売する義務を課し、しかも、絶版を認めないとすればいいと思います。

投稿: 井村 瑶茉 | 2012.10.16 19:01

HOME TAPING IS KILLING MUSIC.キャンペーンとかいうてレコードからのコピーを禁止してましたよ。LP買ってもカーステレオ用にダビングするな。カーステ用はテープ版を買えと言い放ってくれました。守銭奴どもが自業自得になっていかあw

投稿: あまの | 2012.10.11 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剣呑な凶器 | トップページ | 偏見の塊 »