« 新潟の皆さん、ごめんなさい2 | トップページ | せっかく書類書いたのに »

2012.03.09

名二環のETC

 今日、名二環(名古屋第二環状自動車道)を通った。以前は普通車現金価格は500円定額だったが、上社ジャンクション-名古屋南間の開通に伴って距離が伸びたため、2段階の料金設定となった。そのため、出口にもETCの発信器が設置されている。ということは、出口通過を認識できるということだ。

 で、思った。

 出口ETCは、減速しているとはいえ、ヘタすると時速60km/hで通過している車もある。それでもちゃんと送受信できているということは、やっぱり、ETCはかなりのハイスピードでも認識できる能力があると思われる。つーことは、ICで20km/hに減速させるのは、なんかほかに理由があるんだろうなぁ。まぁ、事故防止ってのはあるかも知れんが、それだけの能力があるのだから、なにか工夫できんもんかなぁ。

 名二環で通勤割引などETC時間帯割引は、入り口ICの通過時間で一律に決定される。したがって、5:55AMに高速に乗り、6:30AMに降りると、出口にICがある高速道路は通勤割引が効くのだが、名二環は適用されない。これは、以前は出口にETC受信機がなかったからいたしかたないのだが、現在は、上記のように装備されている。つーことは、技術的には通常の高速と同じ扱いができるはずなんだがなぁ。まぁ、今日は通勤時間帯に通過してないから同じなんだが、なんか、騒がれるまでだまってよーな、って感じがして気分が悪い。

|

« 新潟の皆さん、ごめんなさい2 | トップページ | せっかく書類書いたのに »

コメント

鯱さん、こんばんは。亀レスごめんなさい。

 駐車場料金とかの収受もやっちゃおうってのは、日本のETCも目指しているところですね。しっかし、シンガポールって、そんなに広い国じゃないですよね。高速道路ってやっぱ、要る?

投稿: 井村 瑶茉 | 2012.03.25 15:25

呼んだ?
シンガポールでは高速の本線上にERP(Electronic Road Pricing)と呼ぶシステムがあります。
車側のERP受信装置は、自動車購入時に取り付け必須です。
んで、時間帯によって受信装置にCashCard(ETCカードと同じ?)を挿入して、ERPのゲート(ガントリーと呼ぶ)を通過する際に料金が引かれるのねん。
本線上だから、早い車は100Km以上で走るけど、確実に引き落とされます(つд⊂)エーン

プロトコルは公開されているので、同じERPを使って駐車場の料金ゲートに使用されています。
後、ERPの受信装置の認識番号で集合住宅のオーナーのみ、住宅のゲートが自動で開くなんて事にも使われてます。

投稿: 鯱 | 2012.03.20 15:54

竜馬さん、こんばんは。

 どうなんでしょ。海外の本線上ETCの状況がわかんないんですが、あれって、全車ETC装備済が前提でしょうかね?

投稿: 井村 瑶茉 | 2012.03.17 19:59

本線上ETCやると、逆にスピード上げて取りこぼしを狙うやつが出てきそうだね。

投稿: 竜馬 | 2012.03.14 08:38

くおんじさん、こんばんは。

 誤差範囲で収まるなら、「まっ、いっかぁ」で終わらせる寛容さが必要なんでしょうなぁ。

投稿: 井村 瑶茉 | 2012.03.12 22:03

120km/hでもちゃんと通信しますぜ。当初から本線上ETCってのも想定されて設計されてますし、現にインドネシアかシンガポールでは本線ETCしか無いです。

当然、取りこぼす可能性はあがるんですが、海外では「ま、いっか、ちょっとぐらい」なんですが、日本は「不平等だからダメ」となるそうな

投稿: くおんじ | 2012.03.11 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟の皆さん、ごめんなさい2 | トップページ | せっかく書類書いたのに »