« ポケモンスタンプラリー2012スプリング完了 | トップページ | 胃カメラはおてのもの »

2012.03.25

熱を出す

 土曜の朝から、喉の奥に違和感があったのだ。感覚としては、喉の粘膜に一本傷が入っているような感じで、嚥下するとわずかに痛い。だからって、さすがのあたしも医者にかかるほどではないと判断した。いや、正確に言えば、土曜日の午前中、内科には行った。しかも2軒も。それは、春休みに飲もうと思っている内視鏡の紹介状+予約ということで、喉の痛みは、訴えてもふふんとすまされる程度であったろう。

 ところが、土曜日の夜、うちの娘(大)が発熱を訴えてきた。38.4℃。キープしてある解熱剤で散らす。ところが、明け方、今度はあたしの体がだるい。トイレに起きるたかだか1分程度布団から出ただけで歯ががちがちいうくらい寒気を感じたのだ。あまりにも寒いので、体温計測はパス。薬も飲まず、ひたすら布団で丸まっていた。

 朝になり、またもや娘(大)が寒気と頭痛を訴えてきた。38.7℃。解熱剤で散らす。あたしは、37℃台まで下がっていたが、やっぱり寒い。ということで、休日当直医を訪ね診察をお願いした。念のためのインフルエンザ検査はシロ(ただし、発熱からの時間が短いので、完全にシロとは言えないが)。処方箋をもらい、医院を後にする。

 調剤薬局で親子二人分を処方してもらう。ほぼ同じ症状なので、処方された薬も同じである。しかも、薬の粒の数まで同じでやんの。でっかくなったもんだ。とほほほほ。

|

« ポケモンスタンプラリー2012スプリング完了 | トップページ | 胃カメラはおてのもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポケモンスタンプラリー2012スプリング完了 | トップページ | 胃カメラはおてのもの »