« 充実した土曜日 その3 | トップページ | 充実した土曜日 補遺 »

2012.02.09

amazonのシステム

 先日、amazonで「品物A」と「品物B」を買った。「品物A」は、amazonの販売、「品物B」は、amazonに発送を委託している業者(よって、発送はamazon)から購入した。その際、ついてきた書類が、

(1)「品物A」(amazon販売)の納品書兼領収書
(2)「品物A」と「品物B」(委託販売)の出荷明細書。

 よって、「品物B」の領収書は存在しない。あかんやん、とamazonにクレーム入れたら、「それは委託品だから、委託業者が領収書を発行するだす」との回答が来て、数日後に、ダイレクトメールで領収書が郵送されてきた。用紙こそ一般販売の領収書用紙だが、社名ゴム印を押し、会社印をちゃんと押したなかなか本気の領収書で、「ご利用ありがとうございます」と丸文字で書かれたポストイットが添付され、封筒の切手はキティちゃんという、あたしに「わかった、許す」と言わせるだけのギミック満載で送られてきた。

 確かに、領収したのは委託会社だから、領収書は委託会社が発行するのがスジではあるが、どうせ発送や在庫管理はamazonがやってるんだから、領収書も同時発行してもよさそうなもんだがなぁ。やっぱ、そこは、スジを通すのかなぁ?

|

« 充実した土曜日 その3 | トップページ | 充実した土曜日 補遺 »

コメント

KOHさん、こんばんは。

 法律って、むずかしい。電波がいかんっつーんなら、iDとかも、言ってみりゃ電波ですからねぇ。

投稿: 井村 瑶茉 | 2012.02.16 21:53

単に電波のやりとりでは料金を徴収したと見なされないんじゃなかったかと。
ETCの仕組み自体が即請求をかけるものじゃないのでこの辺分かり難いんですよねぇ。

投稿: KOH | 2012.02.14 22:56

KOHさん、こんばんは。

 ほえぇ、そうなんだ。

 しかし、ETCの場合、お客からお金を受け取っているのはNEXCO?それともクレジット会社?確かに、客が現金を払っているのはクレジット会社なんだけど。ということは、クレジットでパンツを買ったとき、クレジットを使ったスーパーはパンツ代の領収書は発行できないのかしらん?よくわかんないぃ。

投稿: 井村 瑶茉 | 2012.02.13 20:19

領収書はお金受け取ったところが出さないと法に触れちゃうんですよ。
ETCで各高速道路会社が利用証明は出せても領収書は出せないように。

投稿: KOH | 2012.02.12 20:23

あびさん、こんばんは。

 これが千葉浦安黒鼠なんか使った日にゃ、即刻クレーム処理ですな。黄色い熊も不可。うちで、黄色い熊がついた年賀はがきが原形を保っているのは、奇跡に近いですな。

投稿: 井村 瑶茉 | 2012.02.10 19:26

なるほど、決め手はキティちゃんかぁ

投稿: あび | 2012.02.09 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 充実した土曜日 その3 | トップページ | 充実した土曜日 補遺 »