« コンピュータも不調だ | トップページ | きゅうじゅうろくてん »

2012.01.15

蛍光管と点灯管メモ

 昨日、蛍光管売り場で解説表示を見て覚えたことのメモ。

・30W以下の蛍光管は、必ず点灯管が必要であるため、すべてグロースタート型である。

・点灯管には、旧来のもの、その長寿命型、電子点灯管タイプの3タイプが存在し、併用が可能である。耐久力(点灯回数)および価格は当然、高性能のものほど上がるが、点灯までにかかる時間は減少する。

・40W以上の蛍光管は、点灯管が必要なグロースタート型と、点灯管が不要なラピドスタート型があり、両者の蛍光管は、型番の文字が一つ違うだけであるが、互換性はないので、注意が必要である。

 その他、メモ

・旧型点灯管は、白熱電球と同様、日本での製造が順次打ち切られる傾向にある。(ただ、海外製品があるから、モノがなくなることはなさそうであるが)

・LED電球は、1個1000円まで値崩れしているものもある。ということは、近日、LED電球は1000円を切る価格となろう。長寿命かつ、現段階ではまだ明るさ・光の広がりに難点があるものであるから、購入は拙速であってはならん。

|

« コンピュータも不調だ | トップページ | きゅうじゅうろくてん »

コメント

あびさん、こんばんは。

 ふむふむ。交換するときはグローがあるかどうかをちゃんと確かめて、だな。今後、グロー交換の際、電子化を進めたいとおもっております。

投稿: 井村 瑶茉 | 2012.01.16 20:55

ラピッドは多分20W型からだと思いますぜ。
http://saturn.tlt.co.jp/apfs/product.do?katamei=FLR20SEX-DM-H+FLR20SEX-NM-H#sTop

ラピッドを点灯管タイプに使っても使えるけど問題もあるので使わないほうが良い。逆は点灯しなくなるので使えない。下位互換?

LED電球は安い奴だと点滅するタイプもあるので要注意。整流することで点滅しなくなるけど余分な電力を食ってしまうのが悩み。

投稿: あび | 2012.01.15 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンピュータも不調だ | トップページ | きゅうじゅうろくてん »