« IMEを替える | トップページ | 今日でよかった »

2011.12.27

学習の基本は、鉛筆の持ち方から

 今日は、うちの職場の追試の日であった。んなん、最後に帳尻合わせられない奴だけ学年末に追試すればいいのだが、そう考えられない人もいるようで、仕方なしに冬休み(正確には自宅研修中)にもかかわらず、がっこに出て行って、追試の監督である。

 で、暇なので、生徒の手元を見ていた。すると、母数は言わんが、その時間の追試受験者の約95%のが、正しい鉛筆の持ち方ができていないのだ。その多くは、親指を前に突き出す持ち方。正しい持ち方をしたところから、鉛筆を親指の先から内側に滑らせ、親指の付け根にスライドした形と言えばよいか。

 きちんとした統計処理はしていないが、きちんとした持ち方ができる集団と、できない集団で、有意な差が出ると思う。長時間、多くの文字を書くことができなければ、学習なんてできない。書くことが勉強の基本だ。教育課程の見直しうんぬんよりも前に、鉛筆の持ち方をちゃんとさせるのが教育の第一歩のような気がしてならない。ほんっと、近頃の生徒って、書かないもん。書いて考えないもん。ちょいと昔だったら、教室の後ろに、印刷の反故紙を置いておくと、計算用紙に重宝がってくれたもんなんだがなぁ。

|

« IMEを替える | トップページ | 今日でよかった »

コメント

あびさん、こんばんは。

 書いて覚える方が効率いいと思うんですけどねぇ。それ以前に、考えを書き留めるという意味では絶対重要。生徒が文章題を不得意にするのは、絶対書かないから。

NONさん、こんばんは。

 ヒステリックな親は文句垂れると思いますが、絶対大切なことだと思います。

投稿: 井村 瑶茉 | 2011.12.28 23:21

そえいば、生徒の通っている学校(超難関私立)で,小1のテストで正しい鉛筆の持ち方が出来ていないと答えがあってても「0点」にされるという話をきいたなぁ・・・・
だから試験官はカンニングチェックというより正しい持ち方のチェックをしているそうですよ。

投稿: NON | 2011.12.28 07:10

うちは反故紙も印刷に使ってるからなぁ・・・まぁ書かないってのは同意。いろいろなネット上の意見を見ていると、書いて覚えることを否定する意見もかなりでてくるし・・・本当に何もわからないで文句ばっかり書いている人が多いんだなと思う。

しかし、うちの生徒だと、学期ごとの追試をしないと学年末で全生徒の1割が追試なしで留年になりそうだなぁ(^^;

投稿: あび | 2011.12.27 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IMEを替える | トップページ | 今日でよかった »