« ユーザ登録はしておくものだ | トップページ | IMEを替える »

2011.12.25

運がよいのか!?

 一家でスキーに行くことになった。用具一式はレンタルであるが、ウエア類は用意しなければならん。あたしは、フルセットあるし、奥さんも数シーズン前に揃えたので問題ない。問題は娘どもである。どんどん成長するので、すぐにサイズアウトしてしまう。

 娘(上)は、アジャスタブルウエアなので、なんとか3シーズン着れた。今年はいいが、来シーズンはアウトである。娘(小)は、知り合いにいただいたウエアがとうとうサイズアウトし、そうでなくても、ツーピースがいいなんてえらそーなことをのたまいやがる。しかし、子供のウエアは、そう何回も着ないうちにサイズアウトするので、BOOK OFFのスポーツ用品取り扱い店で購入。色や柔らかさを考え、ちょいと高いが4900円のやつを選択。うれしいことに、期間限定20%offだったので、3920円で買えた。これで数年着れるから1年千円ちょいだ。ラッキー。

 で、手袋とアンダータートル、靴下はサイズアウトしたり、日常用に下ろしたりしているので、全品買い替え対象となった。

 まずは、イオン系列のスポーツ屋に行く。手袋は手ごろなのがプライベートブランド商品であった。ところが、去年、アンダータートルを置いてあった場所にそれがない。そのかわりに山歩き用品が鎮座している。聞くと、今年からスキー用品は扱いをやめたそうである。んなら、手袋だけ置くなよー。しかし、スキー用品より、山歩き用品の方が売れる時代になってしまったのだね。スキーがこんだけ凋落したのは、スキーに魅力がなくなったんじゃなくて、スキーをするために、最低ウエア・手袋・ソックス・ゴーグル・帽子がいる。スキー場は遠く、旅費と時間がかかる。リフト代もばかにならない。現地では、用具一式レンタル料がかかる。日帰りもできるができれば宿泊したい。こんだけ考えると、スキーに行くのに初期投資が重過ぎる。今の若者に、そんな投資をする時間的・金銭的余裕がないのが、スキー凋落の原因であろう。

 さて、しかたがないので、アルペンに行く。ここは、信州スノーキッズクラブ(長野県のスキー場に小学生連れで行くなら、これに入会一択。会費1年で1000円だが、提携スキー場リフト1日券引換券がついており、これだけで元は取れる。さらに、提携スクール入校の場合は、レッスン料2000円引きの割引券、提携スキー場の用品レンタル割引など、特典が盛りだくさんである)の更新案内状に入っていた割引券があり、10%引きだ。

 そんなに選択肢があるわけないので、ソックスを選び、アンダータートルコーナーに来る。しかし、買おうと思った奴に、娘用の大きさの店頭在庫がない。店員に聞くと、倉庫から出してきてくれた。次のを探す。やっぱり買おうと思う店頭在庫がなく、店員に言って、出してもらう。3着目もやっぱりない。店員に言う。3度目に店員がうれしそうに言う。

 「お客さん、運がいいですね、これもありました」

 あのなー、運がいい、じゃねーだろ。店頭在庫管理がだめだめなんじゃん。なんのためのPOSよ?

|

« ユーザ登録はしておくものだ | トップページ | IMEを替える »

コメント

あびさん、こんばんは。

 その店員は、在庫が倉庫にあるかないか、手持ちのPOS端末叩いて調べていたんですぜ。ちなみに、今のレンタルウエアは、みんなワンピースで、しかも地味なんですぜ。私をスキーに連れてけごるぁの時代に生きた人間には耐えられません。

投稿: 井村 瑶茉 | 2011.12.26 21:17

もはや管理対象外というところまで落ちているのかもw
ウェアもレンタルするべきか?(高くつきそうだけど)

投稿: あび | 2011.12.25 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユーザ登録はしておくものだ | トップページ | IMEを替える »