« マンガン電池は絶滅危惧種か!? | トップページ | USBテプラの効用 »

2011.11.01

テプラはSR3500Pに

 結局、フォントが自由、入力がパソコンでできるという魅力にはかえがたく、新ラベルライターはキングジムSR3500Pになりました(下写真右)。今まで使っていたSR535にくらべて、厚みはテープカートリッジに依存するためほとんど同じ、水平面積では2/3くらいか(縦置き可)。
P1000048
 さらに、ACアダプターも1/3くらいになっており、キングジムの進歩が見える。
P1000049
 ためしに、18mmテープで4書体打ってみた。4段組みで文字が縮小される分、ギャザーは目立つが、それでも、文句ないレベルである。
P1000047
 ちなみに、プリンタドライバをインストールするまで本体をつなげないように、このような親切なシールまで貼ってある
P1000046
 なんか、任天堂のゲーム機の「絶対にはがすな」シールみたいだぜ。

 とりあえず、ご報告まで。

|

« マンガン電池は絶滅危惧種か!? | トップページ | USBテプラの効用 »

コメント

あまのんさん、おはようございます。

 フォントの品質と言うより、フォントサイズが小さいために目立っているだけで、大きいフォントなら問題ありませんし、この大きさ(18mmテープ4段組)でも、十分、フォントの雰囲気が出ているので文句はありません。

投稿: 井村 瑶茉 | 2011.11.03 07:34

うちの会社でも使ってますけど、ジャギーが目立つのはフォント設定のせいじゃないのかなかなかな?
アウトラインフォントでがんばってみゆとか

投稿: あまのん | 2011.11.02 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンガン電池は絶滅危惧種か!? | トップページ | USBテプラの効用 »