« なぜひっくりかえる? | トップページ | これは、私に対する挑戦だな!? »

2011.11.08

マンガン電池探索隊・その2

 絶滅危惧種・マンガン電池を訪ねて・第2回。ヤマダ電機に行った。さすがヤマダ電機、単1は黒パナと、東芝のCREEKってやつの2種、単2・単3は東芝のみだが、ちゃんと豊富に在庫があった。しかし、単4は、ない。せっかくなので、東芝マンガン4本×2パックを買い求める。

 ついでに、パナソニック・エボルタ単3・12本が1,080円で落ちていた。他を当たればもちょっと安くなるだろうが、とりあえず2パック買った。これは10年保存できると豪語しているので、非常用ストック電池とする。ちょい前だったら、安いアルカリを買っておいて、順次入れ替えればよろしいとか言っていたのがこの変わりようである。あつものに懲りてなますを吹いている。もっとも、今回の件で、うちの電池使用状況を見ると、リモコン、時計、コンパクトデジカメくらいしか使っていないことが判明。その中で一番使用頻度が高いのはWiiリモコンなんだが、こいつはエネループを使用しているから、乾電池の登場はない(もっとも、今こいつらに古いアルカリ電池を消費させているが)。コンパクトデジカメも基本はエネループでOK。つーことは、もしかしたら、アルカリ電池不要の家なのか?

 帰りに某ホームセンターに行くが、やっぱりマンガン電池の在庫は単1(アルカリ単1がむちゃ高でおそれおののくのでマンガン電池の需要があるのかも)から単3までであった。なんで単4がないんだろうかねぇ?

|

« なぜひっくりかえる? | トップページ | これは、私に対する挑戦だな!? »

コメント

あびさん、こんばんは。

 こちらでも、メーカー不明の単4は確認されています。でもいま、膾吹いていますから、メーカー品でないと。で、その後、いろんなところを見回っていますが、単1~単3まではまだマンガン電池が出回っているようです。しかし、単4だけがない。ひんひんです。

 ちなみに、未だに006P使っている機器ってあるんですかねぇ?

投稿: 井村 瑶茉 | 2011.11.13 19:56

安城市のダイソーには単4が8本入りと10本入りで売ってました。メーカーは不明。006Pのマンガンもありましたでよぅb

投稿: あび | 2011.11.10 22:17

Mnさん、こんばんは。

 電池の寿命ですか。単4は単3の半分の電池容量しかないので、Mnさんのおっしゃるとおり、すぐに使えなくなることが、マンガンの生存の障壁になっているのかも知れませんね。

 単1は、確かに、マンガンの性能が発揮できる用途のものしかないですね。

 勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: 井村 瑶茉 | 2011.11.10 19:44

どうもです。

 単4だと寿命の差が感じられやすいからではないでしょうかねぇ。単3だとマンガンでそこそこ使える用途でも単4ではあっという間に無くなってしまう…。

 単1は意外とマンガン向け用途の機器が多いですよね。マンガンでも容量がそこそこあるので余程瞬間最大電流を流さなきゃいけない用途でなければ耐えられるし、そこまで瞬発力を求めるなら単3でNiMHとか使う方がコストもかからず容積もコンパクトで…。

投稿: Mn | 2011.11.09 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜひっくりかえる? | トップページ | これは、私に対する挑戦だな!? »