« 愛知県のITCレベルって(予想はしていたが) | トップページ | 津はどうでもいいようだ »

2011.10.23

B級グルメを求めて東へ西へ

 今日は、津で行われた「2011全国餃子サミット津サミット&全国餃子まつり」に行って来た。本当は、昨日行きたかったのだが、あいにく、自分の職場の中学生体験入学があり、午前中つぶれてしまった。それから行っても、せいぜい2時間しかいられないということで、今日出発。

 聞いてくれ!!いつもなら、お昼前にやっと腰を上げる我が家が、9時、キュアミューズの展開を見届けた上で、即出発!すごいもんだ。しかしなぁ。キュアミューズ。あのちょうちんブルマーのできそこないみたいなコスチュームはなぁ。それから、当事者国のお姫様がプリキュアになっちゃって、猫でもなんでもプリキュアになれてしまう。プリキュアになれる条件がぐだぐだになってしまっている。そのうち、トリオ・ザ・マイナーまでプリキュアになるんじゃないだろーな。さらに、キュアミューズは覆面していた方が絶対かっこよかった。うちの奥さんなんか、キュアメロディーですら、変身前の方がいいと言い切っているし(うん、確かに)。今回のキャラデザ、廊下で正座もんだな。

 閑話休題。

 さて、津なんて行ったことない。いや、近鉄使えばいけるくらいはわかるが、一家4人が公共交通機関となると、出費が辛い。ということで、今回も車を転がして。事前に調べておいた、500円打ち切りのコインパーキングに車を停め、いざ出陣。会場は津のお城西公園。津市役所の下だ。ここで、奥さんチームとあたしの2部隊に分かれ、並ぶ。最終的に、今回食べたのは、

伊那餃子国(伊那餃子会):みそだれが評価を分けよう。
加古川ホルモン餃子国(加古川ホルモン餃子やみつき会):細かく刻んだホルモンの食感が楽しい。
八幡ぎょうざ協和国(八幡ぎょうざ協議会):こんなジューシーな餃子食ったことない。
餃子日和(ぎょうざびより)/津ぎょうざ:結構野菜が主体の具。
まつぜんフードサービス/津ぎょうざ:こっちは肉が多い。
 いずれにせよ、津ぎょうざは大きくて揚げてあるので、かなり暖かさが続くのだ。

 以上5件でタイムアップ。おなかもいっぱい。しかし、ぎょうざは非常にうまいのだが、食っても食っても餃子なのだ。前回は、焼きそばあり、コロッケあり、うどんあり、汁物ありと多彩であったのだが、今回は主食がないのだ。これがちょっと辛い。ビールでもいいんだが、炎天下だと脱水症状も怖いし。

 で、2時半ごろ、会場をあとにし、津市民はプリンを土鍋で作ることを発見し、亀山に向かう。前回、近くだからその気になれば食いに行けるさと高をくくって涙を飲んだ亀山みそ焼きうどんを食いにはしごしたのだ。

 ただ、食った直後なので、腹ごなし兼汗流しということで、亀山市総合福祉センター・あいあいにある白鳥(しらとり)の湯に。ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉でちょいと熱めのお風呂が気持ちいい。内湯と外湯があり、広さ、清潔さとも必要十分な設備が揃っている。しかも、入浴料金が大人150円、子供50円なのだ。さすがに、その値段なんで、備え付けのシャンプーとかボディシャンプーはない。でも、いいお湯があれば、それで十分なのだ。で、露天風呂の薀蓄読むまで、亀山が スサノオノミコト  ヤマトタケルノミコト (2011.10.25修正。いやぁ、親戚ということで)終焉の地だということを忘れておりました。

 で、焼きうどんを出す店はいくつかリストアップされていたのだが、めんどくさかったので、亀山駅前のレストランさつきで。車は駐車場の場所がよくわかんなかったので、駅前30分無料駐車場に。お味は、名古屋人にもかかわらず、かなり濃い目の味を想像していたのだが、甘うま辛い、名古屋人がもっとも安心する味でした。ということは、亀山までは赤味噌文化圏と思っていいのかしら?

 帰りは、東名阪が例によって混んだけど、8時半には帰宅。なんか、うちの家族はこういう食い歩き旅って、結構好きなようだ。こんどはどこに食いにいくかなあ?

|

« 愛知県のITCレベルって(予想はしていたが) | トップページ | 津はどうでもいいようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛知県のITCレベルって(予想はしていたが) | トップページ | 津はどうでもいいようだ »